R4

Webサービス レビュー * R4  

角丸オブジェクトを作成しやすくするPhotoshopプラグイン「Corner Editor」

2013年2月12日 Tag:webサイト制作 Text by 上瀧

このエントリーをはてなブックマークに追加

Photoshopで作成、修正がしづらい角丸オブジェクトですが、その悩みを解決してくれるプラグイン「Corner Editor」のご紹介です。
※今回はPhotoshop CS6にて動作確認を行いました。

JSX形式のファイルをインストールをします。
サイトからスクリプトをダウンロードし、Photoshop > Presets > Scripts フォルダに置きます。

Photoshopを起動し、メニューの「ファイル」>「スクリプト」内に「Corner Editor」が表示されていればインストール完了です。

長方形ツールにてオブジェクト作成後、メニューから先ほどの「Corner Editor」を選択すると、パネルが表示されます。
「Radius Pattern」に角丸のサイズを入力し、下の4つのアイコンから形状を選択すると角丸処理後のプレビューがされます。
「Close」をクリックで角丸をつけることができます。

他には、中にへこむ形状や、

斜めの角、

四角い角の形状も手軽に作成出来ます。
また、処理後に再度「Corner Editor」を表示させると元の処理をベースに修正が可能になります。

数値をカンマ区切りで複数入力すると、図のようにそれぞれ異なる角丸サイズが適用できます。

「Corner Editor」選択時に処理が多少重くなってしまうのが難点ではありますが、作業の効率化を求めたい場合にはぜひおすすめしたい拡張機能です。

Webサイト:Corner Editor

Latest

Pickup

Category

koyomi

4db

Twitter