R4

Webサービス レビュー * R4  

ツイッターを通じてモノをあげたりもらったりできるサービス「LivLis」

2010年12月15日 Tag:twitter関連 Text by 伊藤

このエントリーをはてなブックマークに追加

twitterを利用して、モノをあげたりもらったりできるサービス「Livlis(リブリス)」をご紹介。昨日リリースされたばかりですが、爆発的な盛り上がりを見せています。※2010年12月現在はβ版で、利用するにはLivlisユーザーから招待を受ける必要があります。

LivLisの使い方として、商品を登録することから始まります。商品名かURLを入力すると、自動的に商品名や画像を表示してくれます。そのまま使ってもいいし、編集することもできます。画像は、自分でアップロードすることも可能。そして、重要なのがステータスで「ほしい」「もっている」「あげる」の三つがあります。意味は言葉通りで「ほしい」や「もっている」で登録すると、twitterのフォロワーに「これが欲しい!」「これ持ってる」ということをアピールできます。「あげる」で登録する場合は、更に「開催期間」「配送方法」「入札制限」などを選択をして、登録する流れになります。入札制限に「フォロワー限定」があるので、友達だけにあげることも可能です。
詳しい説明は公式サイトの「商品を登録する | Livlis」をご覧ください。

「あげる」商品に応募するには、商品ページにある「ください」ボタンをクリックして応募しましょう。その際10ポイント必要になります。ポイントは、LivLisに登録した時や、初めて商品を登録した時、友達を招待した時に100ポイントもらえる仕組みになっています。ポイントは商品応募に使うだけで、費用がかかるわけではありません。詳しい説明は公式サイトの「ポイントを手に入れる | Livlis」をご覧ください。

また、LivLisのフォローについては、独自でフォローしたりすることはできず、twitterでフォローしているユーザーかつLivLisの参加ユーザーが、自動的に表示される仕組みになっています。詳しい説明は公式サイトの「Livlisのフォローの仕様につきまして | Livlis」をご覧ください。

私もまだ触ったばかりで細かく把握できていませんが、とても楽しそうなwebサービスです。楽しそうと言いますか、誰かにあげたくなってしまいます。不思議なサービスですね。私も早速登録してみました。フォロワーの方限定ですけど、DVDとかあげますよ。なお、Livlisを利用したい方は、私宛にダイレクトメッセージいただければ招待致しますので、お伝え下さいませ。

webサイト:Livlis
開発:kamado,inc.

Latest

Pickup

Category

koyomi

4db

Twitter